痛くないノーストレス脱毛を目指す!全身脱毛の痛みをやわらげる裏技とは

体調を万全にしておくことが大切

全身脱毛では部位によって痛みが異なり、痛みを感じやすいのはデリケートゾーンと顔、そして肛門付近です。肌が繊細な部位は刺激が強くなりますが、ちょっとした工夫でストレスを大幅に軽減できます。基本的に体調が悪いときは痛みを感じやすいので、脱毛当日までに体調管理を徹底しておきましょう。寝不足や過度のストレスなどは、脱毛の痛みを強くする原因になります。あとは肌を普段より入念に保湿し、うるおいを持たせておく必要があります。乾燥した状態で全身脱毛を受けると、本来は痛みをあまり感じない部位の処理であってもヒリヒリすることがあるのです。肌乾燥を防ぐには水分補給も大切であり、白湯やノンカフェインのお茶などが適しています。

肌に刺激を与えないようにしておく

肌がほてりを感じている状態で全身脱毛を受けると、いつもより強い痛みを感じるはずです。全身脱毛の期間中は紫外線を極力浴びないようにし、服装は肌の露出を抑えるものを選びましょう。日焼けしている状態ですと、腕や足などの部位を処理するときも、焼け付くような痛みを感じる場合があります。肌状態が思わしくなくても、脱毛出力を低くすれば脱毛できることがあります。ただし出力を下げるほど肝心の脱毛効果は弱くなるため、苦痛を感じない程度にまでは出力を上げるのが好ましいです。脱毛当日までには自己処理のシェービングを済ませておく必要がありますが、シェービングの刺激を抑えるにはカミソリよりも電気シェーバーの使用が適しています。