脱毛器によって脱毛できる部位が違う!全身脱毛できる家庭用脱毛器の特徴は?

処理したい部位に対応しているかどうかをチェック

毛根からきれいにムダ毛処理をしたい場合は、エステサロンや医療機関の施術が向いていますが費用が多くかかることや、何度も通う手間があることもあり、躊躇している人も少なくありません。そこで自己処理を選ぶ人も多くなっていますが、すぐに伸びてくる脱毛クリームやシェービングでは十分な効果を得ることはできません。家庭でも質の高いムダ毛処理を希望するのであれば、家庭用脱毛器の利用も考えてみましょう。今ではかなり種類も豊富になっていますが、脱毛できる部位は機器ごとに違いがあります。腕や脚、脇などには対応できても、ビキニラインや顔には向いていない機器もあります。購入する前には脱毛器の特徴をしっかりと確認し、処理したい部位に対応できるタイプを選びましょう。

ほぼ全身の処理に対応できる家庭用脱毛器

家庭用脱毛器も多くの種類がありますが、全身脱毛を希望する場合は光脱毛タイプが向いています。こうした機器は痛みも少なく、広い範囲も短い時間で処理できるので全身脱毛をしたい人にぴったりです。光脱毛ができる機器も増えてきましたが、この場合もやはり対応できる部位は違いがあります。ビキニラインは処理できても、IラインやOラインには向いていないものもありますので、自宅でVIO処理をしたい人は慎重に選んでいきましょう。顔脱毛や光フェイシャルを希望するのであれば、顔用のカートリッジが用意されているかどうかも確認しておきたいところです。最近は男性もヒゲ脱毛を目的に購入する人も増えていますが、男性が使うのであれば剛毛にしっかり対応できる機器を選んでおくことも大切です。