脱毛前と後には保湿が大事!保湿すると良い理由ややり方は?

脱毛前と後に保湿をする理由

脱毛サロンでムダ毛をきれいに処理したいなら、きちんと保湿を行うことが大切です。その理由は、乾燥している肌の場合、レーザーや光を照射した際に自分の身を守るために角質層を分厚くするからです。つまり、レーザーを照射しても毛根まで行き届かず、脱毛の効果が半減してしまいます。その逆に、保湿によって肌が潤っていれば毛根にレーザーが行き届きやすく、脱毛効果が高まるというわけです。また、脱毛する際はレーザーや光の照射によって少なからず肌へダメージを与えることになります。したがって、施術後は肌が極度に乾燥したり、皮膚にピリピリとした痛みを感じたりするケースが少なくありません。そのため、保湿ケアをすることで肌の状態を整えて、トラブルを防ぐことができます。

保湿ケアの正しいやり方

脱毛前後の保湿ケアのタイミングについては、お風呂上りに行うと良いです。お風呂上がりは皮膚の汚れだけでなく、皮脂まで取り除かれている状態です。つまり、肌のバリア機能が低下しているため、しっかりと保湿ケアをすることが大事だと言えます。やり方は、水分をしっかりと拭き取ってから保湿性の高い乳液やクリームを優しく塗布するだけです。この時、なるべくテクスチャーが軽いクリームを選ぶことが大事ですよ。テクスチャーが重いクリームだと毛穴に詰まってしまい、肌へ大きな負担となります。また、脱毛後の肌は非常に敏感な状態なので、なるべく低刺激のクリームを選ぶようにしましょう。アルコールやパラベン、合成着色料が配合されているものは刺激になるので避けた方がいいです。